人気ブログランキング |

未婚ママになることを選んだ私。これが私の生きる道。


by satoko0404

毎日食べるものだもの。

今日、ランチタイムに考えさせられたことをメモ。

今日は待ちに待った賞与支給日!
こんな日くらいはちょっと贅沢を、と、
部署の女性陣6人で近くのホテル内レストランへランチに行きました。

このレストラン、ランチタイムには漏れなくサラダバーがついているので、
私たちもみんな思い思いにお皿に取ってきて
ブロッコリーあんまり好きじゃないんだよね~とか
サラダをネタにたわいもない話になったのですが。

1人の先輩が、
「基本的に生野菜にドレッシングかけただけのサラダなんて
 まずくて食べられない!」
と言い出した。

家ではサラダは絶対に作らない。
デパ地下とかの調理されたサラダしか食べないとおっしゃる。
それでいて「セ○ンは美味しいよ」とコンビニ惣菜を絶賛されたりする。


この先輩とは日頃から基本的に食に対する考え方が合わず、
かつ食に関する価値観って私的には深く議論したくない分野なので
(分かり合えないことが多いデリケートな分野であるという認識)
今日もこの話題ではなんとなく傍観側にまわっってしまったんだけど、
改めて自分の食に対する考え方を見つめなおすきっかけになりました。



私は毎日身体に取り込むものだからこそ、
ひとつひとつの素材の質にこだわりたいなあと思ってる。
調味料も含め(みりん風じゃなくてみりんを使うとかね)。
そうすると結果的にどれも美味しい!
そんなふうに思っています。

これは、
「外食するくらいなら、日々使う食材にお金をかけたほうが
 よほど美味しいものが食べられる
 出所も何が入ってるかも分かって安心だし」
という母の価値観に大きく影響を受けたもの。
あと、国内の生産者を自分たちで守っていくというのも大切なことだと母はいつも言っていて、
私もそのとおりだと思う。

そんなわけで、私は息子が生まれる以前から生協の個別配送を利用しています。
実家でもずいぶん前からそうで。
だから息子の園選びでも、園で出される食べ物も重視。

幸運にも素晴らしい園に巡り合うことができて、
息子は、園の栄養士さんたちの手作り弁当・手作りおやつを毎日頂いています。
食材は私が利用しているところと同じ生協のもの。

f0225521_00125103.jpg

ごはんが胚芽米だったり、だしからきちんと取ってくださっていたり、
素精糖やなたね油を使ってくださっていたり。
パンも全て手作り(近所で美味しいと評判の手作りパンのお店からくる)。
園なりの配慮が献立表からも伝わってきます。
それに、なんといってもたくさん食材を使ってくださっているのが魅力!
息子との2人暮らしでは、どうしてもたくさんの食材は使えないから。
ずぼらな私は、だしは茅○舎さん頼みだし。。

そんなわけで、息子には園で毎日作り立てのお弁当を食べてもらって、
自分だけ会社にお弁当を持って行っています。


私はお弁当持参の先輩たちと一緒にお昼を食べていて、
ときどき食材の話になったりもするので、
生協の食材はすごく美味しいですよって言ってみたりもするけど、
やっぱりみなさん「お値段が…」ってなりますね。
うん、それは否定できない。確かにお高い。

だけど、私のような色々調べるだけの情熱も時間もない人間にとって、
個々の食材の安全性を私なんかよりはるかに高い意識と知識と専門技術で調べてくれて、
生育環境や鮮度にもこだわってくれて、
それで家まで配達してくれるんだから、
単に野菜1個買うって以上の上乗せがあって然るべきだと思うし、
それを考えると決して高くない。と思うのです。
何事も健康な身体が資本だし、そこに投資する価値はある。と私は思う。


私はマクロビチックな考えやお肉食べませーんとかは全くないので、
息子も市販のお菓子を食べることもあるし、王将とかで平気で外食もするけど、
生協利用をずっと続けているのは、
息子にも素材の良いものを味わって健康に育ってほしいから。
そして何より実感として美味しいから!
ということに尽きます。
それでいて安全とくれば一石二鳥。さらに生産者を応援できたら一石三鳥です。



…こんな話題を書くだなんて私らしくないな。
先輩の意見聞きながらよほどモヤモヤがたまったんだろうか(笑)

「毎日食べる ものだもの。」
生協のWEBサイトに書いてある言葉。
すっごく共感できるのです。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

人気ブログランキングへ



by satoko0404 | 2014-06-21 00:55