未婚ママになることを選んだ私。これが私の生きる道。


by satoko0404

水芭蕉ハイキング@尾瀬

日曜日、友人たちと尾瀬ヶ原へ日帰りハイキングに行ってきました♪

f0225521_1302958.jpg


10ヶ月ぶりの尾瀬

昨年は息子を連れての初めての山小屋泊となった尾瀬。
(そのときのレポートはこちら→

昨年が8月だったので、
今年はぜひ水芭蕉の季節に訪れたいと思い
都内からの直通バスなど調べていたところ、
山仲間である友人から日帰りで一緒に行く?とのメールが。

早朝出発だけどいい?との問いに「何時でも大丈夫ー!」と返信し、
めでたく水芭蕉ハイキングが実現したのでした。
ああ、私ってほんとツイてる!

しかも梅雨とは思えない最高のお天気にも恵まれ、
健脚な山の仲間たちと一緒にめいっぱい尾瀬を満喫してきました☆


まずは研究見本園へ

・日程  :2013年6月9日(日)[日帰り]
・メンバー:Tさん・Yさん・息子・私
・天候  :晴れ
・アクセス:車・乗合タクシー
・コースタイム
 鳩待峠7:30 → 8:45 山ノ鼻(研究見本園散策) 9:45 → 11:00 竜宮十字路 12:00 →
 12:30 見晴 13:00 → 赤田代分岐 13:30 → 14:05 ヨッピ橋 14:15 → 牛首分岐
 14:55 → 15:30 山ノ鼻 15:45 → 17:00 鳩待峠

友人Tさんが我が家にPick Upに来てくれたのがAM3:00。
途中、別の山仲間Yさんを拾って一路尾瀬戸倉へ。

交通渋滞もなくスイスイこれたおかげで、
予定より少し早い7:30に鳩待峠の登山口を出発することができました♪

実はTさん、3週間前に肋骨を2本折っておりまだ安静期間中。
私も子連れだしということで、マッタリのんびり行くことにしました。


f0225521_150545.jpg
朝早く叩き起こされた息子はまだ眠そうだったのでとりあえず背負子に。
(車で爆睡はしてたんですけどね)

f0225521_157504.jpg
山ノ鼻目指してしゅっぱーつ!
足元の花々を愛でながら樹林の中を下っていきます。

f0225521_1593552.jpg
エンレイソウ(延齢草)

f0225521_201093.jpg
ショウジョウバカマ(猩々袴)

f0225521_204620.jpg
シラネアオイ(白根葵)は朝早かったこともありまだ開いていませんでした。

f0225521_22183.jpg
サンカヨウ(山荷葉)

f0225521_224027.jpg
そしてミズバショウ(水芭蕉)も姿を見せてくれました☆
先週くらいがピークだったのかな?でもまだみずみずしい株が残っていました。

f0225521_245598.jpg
コミヤマカタバミ(小深山傍食)
友人2人は立派な一眼レフを持ってきていたので、
ゆっくり写真を撮りながらの歩きです。

f0225521_282174.jpg
コースタイムを少しオーバーして、
1時間15分ほどで尾瀬ヶ原の玄関口・山ノ鼻に到着しました。


とここで小休止。

f0225521_2164161.jpg
息子にはTさんからコアラのマーチの差し入れが♪

チョコレート菓子は基本的にまだ食べさせていないのですが、
こんなときくらいまあいいかと食べさせたところ、
よほど美味しかったと見えてがっつくがっつくw

一気に全部食べてしまう勢いだったので、
半分くらいのところで「残りはあとで食べようね」とみんなで制止したら
案の定泣かれました・・・。
ああ、2歳児ってめんどくさい(笑)

さてここからは、尾瀬に詳しいTさんのススメで、
尾瀬ヶ原散策の前に研究見本園を歩くことにしました。
1周約1kmの自然の湿原です。
息子もここで野に放ってw

f0225521_2224450.jpg
と、いきなりダッシュ!
調子に乗ってると湿原にドボンするぞ~~。

f0225521_2225195.jpg
高尾山などでも息子を背負ってくれたことのあるTさん。
息子もすっかりなついているので、後ろからピッタリついていきます。

f0225521_2225726.jpg
池糖と遠くに見える残雪の山並み。
爽やかな風景☆

f0225521_223449.jpg
研究見本園のミズバショウはまだまだ見頃でした。

f0225521_2231123.jpg
木道に臆することなくどんどん行ってしまう人。。。

f0225521_2231952.jpg
ミズバショウの白とリュウキンカ(立金花)の黄色のコントラストが絶妙すぎて、
どこまでもどこまでも素敵な道が続きます。

f0225521_2232853.jpg
同じような景色でもついシャッターを押してしまう♪

f0225521_2234137.jpg
ぐるりと1周して山ノ鼻へ戻ってきました。




そして尾瀬ヶ原

研究見本園の散策を終えて、いよいよ本日のメイン・尾瀬ヶ原へ向かいます!
息子はしばらくは自分で歩いていましたが、
途中から「抱っこ~」と抱っこコールが。

木道は狭く行き交う人も多いので、広いところまで頑張ってと元気づけるものの、
なかなか歩みが進まず。
それを見たTさん、「右側は大丈夫だから」とひょいっと息子を抱っこしてくれました♪

って肋骨大丈夫なのか~~~!?!?

というわけで、次の休憩スポットに着いたところですかさず背負子に収容しました。
ふう、これで一安心。

f0225521_2372627.jpg
息子が木道から落っこちる心配をしなくてよくなったことですし、
のんびり景色を楽しみながら歩きましょうか。

f0225521_2381877.jpg
牛首付近からのおなじみの風景。
池糖と燧ケ岳のこの組み合わせはTHE・尾瀬ヶ原ですよね。
少し風があったので、池糖の水面にさざなみが立って逆さ燧を見ることはできませんでした。

f0225521_238472.jpg
池糖に浮かぶ浮島。
木道のなかった時代には浮島に人が乗って、
池塘の水面をゆらゆらと漂ったりして遊んでいたそうです。
・・・私が乗ったら沈みそうですが(- -;

f0225521_2385433.jpg
こちらは下ノ大堀川からの至仏山。
これまたミズバショウの季節にはおなじみの絵ですが、
ここはちょっと見頃を過ぎていた感じでした。

f0225521_239353.jpg
竜宮現象が見られるという竜宮。
尾瀬ヶ原の中央付近に位置しており、川の水が湿原の中へいったん吸い込まれ、
その水が湿原内を通過して木道をはさんで反対側へと湧き出しているのだとか。
この写真は湧き出している方を撮影したものです。
よく分からなかったけど、とにかくすごーく深くて透明で魚がいっぱいいた(笑)


息子は「外にもおさかなさんいるし~、中にもいっぱいいるよ」と言っていました。
どうやら水面付近=外、水中の深いところ=中、ということらしい。
子どもってときどきハッとさせられるようなことを言いますよね。
本当に頭が柔らかい!

f0225521_23910100.jpg
なんだろう、自然のものとは思えない美しさ。
どうしてここに植えたみたいに花が咲くの???

f0225521_2391798.jpg
山ノ鼻から歩くこと1時間15分。竜宮小屋に到着しました。
少し早かったけどここでランチをとることに。
朝も早かったしね♪

f0225521_2392527.jpg
ナント、Yさんがお弁当を作ってきてくれていました~!
私が持ってきたのは手前のブルーのお弁当。
オールフリーで乾杯してみんなで美味しく頂きました☆
息子にはTさんがジュースを買ってくれて、ホントになんて優しいんだあ(T-T)

f0225521_301733.jpg
息子も・・・とりあえず楽しそう(笑)

小一時間休憩した後、さらに奥の見晴へ向かうことにしました。

f0225521_304822.jpg
お弁当を食べてパワーチャージした息子には再び自分で歩いてもらいます。
木道の高さがあるところでは大人たちがヒヤヒヤ。
息子はそんな心配をよそに、水が流れていればしゃがんで覗き込む始末。。。
落ちるからヤメテ~~!

f0225521_30591.jpg
でも、さすがは柔軟な子ども。
あっと言う間に木道歩きに慣れてきました。

f0225521_31615.jpg
とここで息子。「おしっこ出る~!」
えー!鳩待峠でも山ノ鼻でも竜宮小屋でもトイレ行ったのに!?
ジュースの飲みすぎだよ・・・(- -;
とにかく見晴まで急がせます=3=3=3

f0225521_312041.jpg
見晴に到着!
こちらは昨年泊まった弥四郎小屋です☆
っていうか、トイレ~。


これがまた公衆トイレはキャンプ場の中にあって遠い。。。
息子とダッシュでトイレに駆け込みました。

・・・まあ、紙パンツ履かせてたので
私的には間に合わなくてもノープロブレムだったんですけどね。
ここは息子の思いを尊重しましてw
間に合ってよかったです。

f0225521_3133100.jpg
すっきり笑顔!


見晴が尾瀬ヶ原の一番奥にあたるので、今日はここまで。
あとは山ノ鼻まで戻るだけです。
というわけで、帰りの最終バスの時間から逆算して
ここでも少し休憩を取りました。

ここで優しいTさんから息子へトミカのプレゼントが!
もう、どんだけいい人なんですか~~~(涙)
言うまでもなく息子は大喜び!
休憩の間、ずーっとトミカで遊んでいました。


帰りは東電小屋~ヨッピ橋経由で

帰りは、来た道をただ戻るのもつまらないので
東電小屋~ヨッピ橋を経由して戻ることにしました。

f0225521_318356.jpg
元気に赤田代分岐へ向かいます!
分岐手前で息子が木道を踏み外して湿原にダイブしましたが(- -;
半身どろんこになって、他のパーティーの方からも笑われてましたw

f0225521_3181194.jpg
タテヤマリンドウ(立山竜胆)

f0225521_3181889.jpg
大きな橋を渡って。

f0225521_3182545.jpg
こちらのルートは、いわゆる尾瀬ヶ原とは少し違った景色が楽しめます。
新緑がまぶしい☆

f0225521_318328.jpg
オオバタチツボスミレ(大葉立坪菫)
絶滅危惧種に指定されているそうです。

f0225521_3184211.jpg
帰りは風が弱まったおかげで、逆さ燧を見ることができました♪


最後に山ノ鼻で花豆ソフトをTさんがご馳走してくれて
(こうして書いてるとお世話になりっぱなしだな・・・汗)、
息子は元気に鳩待峠まで歩いて帰りました。
これには私も友人たちも行き交う人たちもビックリ!
約1時間の登り、よくぞ歩ききった!!

結局この日の行程はトータル約20km。
肋骨折れてる人が歩く行程じゃないと思うのですが(笑)

息子もなんだかんだで5~6kmは自分で歩いてくれました。
よく頑張った☆

こんな素敵な一日をプレゼントしてくれた友人たちに感謝してもしきれない、
とってもいい山旅になりました。


にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

人気ブログランキングへ
by satoko0404 | 2013-06-12 03:30 | 息子(2歳10ヶ月)